点検について
公園施設のサトミ産業
TOP
トピックス
製品情報
修繕について
安全への取組み
お問合せ
会社概要
  
 遊具を安全に、より永くご使用頂くための維持管理として、下記の様な各種点検があります。


  ・日常点検 …管理者が、遊具の異常や劣化などの有無を調べるために日常的に行う点検です。
  ・定期点検 …専門技術者により、目視または用具・測定器具を使用して遊器具の作動、損耗状況、変形などの異常を調べる点検。
  ・精密点検 …専門技術者により分解作業を行ったり、また測定器などを使用して行う精密な点検。

  当社では専門技術者(※1)による定期点検(※2)をご提案しています。
  委託内容などの必要事項をお客様と協議して請負に関する御見積を作成し、ご提案させて頂きます。
  また、点検後は点検時の施設状況写真付きの「点検報告書」の提出、修繕の提案などアフターフォローも万全です。
【定期点検について】
 サトミ産業では部材の磨耗、変形状況、経年変化などについて確認する「劣化診断」と(社)日本公園施設業協会の
 「遊具の安全に関する規準」への適合性を確認する「規準診断」を組合わせて総合的な機能判定を行います。
  ■基本的な流れ
  
  @お客様から定期点検を行う上で必要な資料を頂き、請負内容の決定後、御見積を作成、提出させて頂きます。
  ↓
  A現地調査を行い、遊具施設の点検を実施。
    安全性が確保された場合、管理者は「点検済シール」(※3)の表示を行うことができます。
    点検時に危険と判断された遊具は管理者の方と協議を行い使用禁止の応急処置を行います。
  ↓
  B点検報告書の提出。
    点検結果に基づき遊具の総合判定を行い、点検時の施設状況写真付きの点検報告書を作成。
    管理者へのご説明を兼ねて点検報告書を提出させて頂きます。
  ↓
  C点検後、変状が発見された場合には、お客様の御要望により、
    適切な修繕方法のご提案とその修繕見積を提出させて頂きます。
  ↓

  ■修繕提案 …点検後、変状が発見された場合には、お客様の御要望により、
             適切な修繕方法のご提案とその修繕見積を提出させて頂きます。

■劣化診断の一例
 
 専門技術者が長年の経験を
 活かしながら、目視、触手、
 聴音、打音、揺動、計測など
 による診断を行います。



←目視、触手により、遊具の劣化状態を診断。






←ノギスを使用し、金具とチェーンの磨耗を計測し、
 劣化状態を診断。








←遊具を点検ハンマーで軽打して異音の有無を判断し、
 劣化状態を診断。

■規準診断の一例

 規準適合診断を行う際には、
 JPFA検査器具などを使用し、
 的確で迅速に点検致します。



←滑り台の側板高さ150mm
 (落下高さ1500mmを超える場合)以上
 確保されているかを計測。




←子供の頭部230mmφを想定した器具で、
  挟み込みについて適合しているかを計測。




←ブランコの吊り部材と支柱部との間隔
 (着地面から+1000mmの位置)
 650mm以上が確保されているかを計測。
(※1)専門技術者
 遊具の基本的な構造や、材料の特性などの幅広い知識を備え、
 より客観的な視点から物的ハザードの有無を判断する事のできる
 技術者。サトミでは、(社)日本公園施設業協会で認定された
 『公園施設製品安全管理士』及び『公園施設製品整備技士』
 が業務を行います。

■資格認定証
(※2)定期点検
管理者が必要に応じて専門技術者と協力し、定期的に
目視・触診・聴診・打診、あるいは測定器を使用して行う点検です。
年1回以上の頻度で行います。
この点検には、経年劣化による『劣化診断』と遊具の
形状・安全領域等の妥当性を評価する『規準診断』があり、
この両面から行います。
■点検報告書
 点検記録を分かりやすく的確に
 まとめることで、長期的な維持管理が
 容易となり、長く安全に使用できる
 遊具となります。
(※3)点検済シール
対象となる遊具に対して、定期点検の実施月と、
利用者の安全が確保されている事を公にするものです。
【精密点検について】

 精密点検の頻度は、年1回程度とされていますが、
 定期点検・日常点検などにより、機能の不具合が発見された場合に、
 専門技術者により分解作業を行ったり、測定器などを使用した精密な点検を行うものです。
 修繕の必要性や使用継続の可否を決める判断材料としています。
 サトミ産業では、国内の遊具メーカでは当社含め、数社が所有する
 『JPFA型落下衝撃記録装置』(写真A)を使用した精密点検を行っております。
 その他にも、JPFA超音波肉厚測定器(写真@)などの、測定機器を使用した測定や分解検査などを行っております。

@JPFA超音波肉厚測定器

  鋼管等の残存肉厚測定検査を行います。
  スチールの劣化現象である腐食の度合いなど、
  目視・触診・聴診・打診以上に詳細な点検となります。
  一見して劣化が無いように思われる遊具でも、
  超音波肉厚測定器による検査で劣化が発見
  される場合もあります。


AJPFA型落下衝撃記録装置

  遊具の事故はほとんどが遊具からの落下
  によるものです。また遊具からの落下時、
  最も懸念されるのは頭部へのダメージです。
  その対策としては、衝撃吸収性能を有する素材
  の敷設が望ましいとされています。
  しかし、どのような素材であっても、経年劣化
 (硬化や敷設厚の減少など)により初期性能が
  低下してしまう事は避けられません。
  そのためにも適切にメンテナンスを行う必要が
  あるのです。その際に必要となるのが、
  この落下衝撃記録装置です。
※経年劣化による敷設素材の変化
      (例:ゴム素材の舗装)   ⇒
  従来の屋外における測定は、センサー、アンプ、
  パソコンなどが別々に必要とされていた為、
  非常に大変なものでした。
  しかし、このJPFA型「落下衝撃記録装置の場合、
  センサー、アンプ、計算装置、ディスプレイなどが
  本体に内蔵されており、持ち運びが可能なため、
  実際に現在遊具が設置・使用されている現場の
  地盤や衝撃吸収素材(ゴム・砂・木チップなど)の
  落下時衝撃吸収性能を評価することができます。
 
※試験高さから自然落下させることで、
  必要且つ詳細な測定結果を得ることが可能です。 →
B分解検査

 異常箇所を精査するために、分解を行います
 (写真はロープウェーのスライドボックスの場合)
外観からは程度が判らなかった
ボックス内の状態↑、滑車部の
磨耗や腐食が進行していた事が判明。
点検の結果に基づき、必要な修繕として、
部品交換を行い、完了。
(ベアリング内蔵のナイロン滑車へ交換)